知って予防しよう!熱中症

熱中症とは

熱中症とは体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり体温調節機能が働かなくなったりすることで、頭痛やめまい・痙攣などの症状を引き起こすものです。

【熱中症になりやすい人】

・乳幼児

乳幼児は大人よりも新陳代謝が活発であり、体温も高く汗腺の発達も未熟なので、体温コントロールがうまくできず熱中症になりやすい。

・高齢者

高齢者は体内の水分量が少なくなります。また、喉の渇きや暑さを感じにくくなってしまいますので熱中症になりやすい。また、心臓や腎臓の機能が低下していると重症化しやすいです。

・その他

運動になれていない・肥満・寝不足・二日酔い・下痢をしている・このような方たちも熱中症になりやすいです。

【熱中症になりやすい環境・場所】

・気温と湿度が高い

・日差しが強く風が弱い

・急に気温が上がり暑くなった

・照り返しが強い

以上のような環境では、熱中症のリスクが高くなりますので注意が必要です。

熱中症は気温と湿度が非常に重要になりますので、気温だけでなく湿度も確認しながら生活していきましょう!

【熱中症の予防法】

・こまめに水分補給

喉が渇いてからでは遅いので、喉が渇かなくてもこまめに水分補給を行いましょう。

注意点として、カフェインを含む飲み物(緑茶やコーヒー)・アルコール飲料は利尿作用があるので水分補給に含まないようにしましょう。

・暑さを避ける

室内では、エアコンや扇風機などを使い温度と湿度をコントロールしたり、カーテンやブラインドで直射日光を遮るようにしましょう。

外出時は、日傘や帽子を使ったり日陰を通るようにしましょう。

・服装

服の中に熱がこもらないように首元や袖口にゆとりがあるものを着用する。

汗の吸収・速乾性に優れた素材の物を着用する。

・暑さに負けない体作り

日頃から運動をすることで汗をかく習慣をつけておくことも大切です。

ジョギングやウォーキングを生活の中に取り入れてみましょう。

【熱中症の応急処置】

・涼しい場所に移す

熱中症の疑いがあった場合、クーラーのきいたところ、日陰や風通しの良い場所に移すようにしましょう。

・脱衣と冷却

衣服を脱がせるまたはゆるめて熱を逃がすようにして、霧吹きなどで皮膚に水をかけてうちわや扇風機で扇ぎましょう。

また、首やわきの下、鼠径部(太ももの付け根)を氷水や保冷材などを用いて冷却し体温を下げましょう。

・水分や塩分の補給

冷水や経口補水液、スポーツドリンクなどを飲んで水分や塩分の補給を行いましょう。

ただし、吐き気や嘔吐、意識障害が出ている場合は無理に行わない。

気温や湿度の高い場所での立ち眩みや、筋肉がつる、汗が止まる、手足がしびれる、反応がおかしくなる、体が熱いなどの症状は熱中症が疑われますのですぐに応急処置を行いましょう。

また、意識障害やめまい、吐き気、ズキズキする頭痛、高体温などは症状が重たいので救急車を呼ぶようにしましょう。

熱中症は知っていれば防ぐことが出来るものですし、適切な処置が行われないと死に至る場合もあるものです。自分は大丈夫と思わずに、少しでも熱中症かな?と思ったら応急処置を行いましょう!

ひだまり接骨院

当院は予約優先制となっております。

ご来院の際は事前にお電話または公式LINEからご予約をお願い致します。

〒466-0053 名古屋市昭和区滝子町24-11

お車でお越しの際は、隣接のコインパーキングをご利用ください。

パーキングチケットをお渡しいたします。

TEL 052-990-9782

公式LINE @223lpwaa

当院HP http://hidamari-takiko.com/

インスタグラム http://www.instagram.com/hidamarisekkotsuin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA