立ち上がりの時に膝が痛い。もしかしたら変形性膝関節症かも。

変形性膝関節症

立ち上がりや動き出しで膝が痛い。膝がまっすぐ伸びない。

こんな痛みや症状がある方は、もしかしたら【変形性膝関節症】かもしれません。

出来るだけ早く処置をして、手術を受けなくていいようにしていきましょうね!

変形性膝関節症とは?

膝関節の軟骨や半月板がすり減ったり変性することで、膝関節内に炎症が起きたり関節自体が変形して痛みを感じたりします。

変形性膝関節症の患者数は非常に多く、レントゲンなどでは変形があるが痛みが無い無症状の方も含めると約3000万人いると言われています。

・男女比

男性よりも女性の方が1.5~2倍多い。

・年代別発症率

60代 30~40%

70代 40~50%

80代 60%以上

変形性膝関節症の症状

・初期症状

起床時や椅子からの立ち上がりなどの動きはじめに痛みが出る。

少し休んだり、歩いているうちに痛みは消えていく。

一時的な痛みのことがほとんど。

・中期症状

痛みを感じる頻度が増えていき、階段の昇り降りやしゃがみ込む動作が困難んになってくる。

痛みや症状がすぐになおらない。

・末期症状

完全な膝の曲げ伸ばしが出来なくなる。

正面から見た時に、膝のO脚が目立つ。

荷重時痛が著明で歩行困難になる。

日常生活にも支障が出る。

の痛みを感じる原因

膝の痛みを感じる原因の組織は大きく3つに分けられます。

①脂肪体 ②腱・靭帯 ③滑膜

この中で変形性膝関節症の方が痛みを感じる事が多い①脂肪体について解説していきます。

脂肪体とは

脂肪体とは、文字通り脂肪のかたまりです。

膝の周りで言えば、膝蓋下脂肪体があります。

この脂肪体に関しては、太っている痩せているにかかわらず皆さんの膝のお皿の下に存在します。

また、脂肪体にはたくさんの血管や神経線維が存在します。

その為痛みを感じやすいのです。

脂肪体の役割

脂肪体にはクッションの役割と、膝の曲げ伸ばしを効率よく動かす役割、膝のお皿の動きを良くする役割などがあります。

脂肪体が原因で感じる痛み

階段の昇り降りなどの膝を曲げる動作での痛みや、体重がのった時の荷重時痛が多い。

脂肪体の線維化

脂肪体に線維化という状態が起こってしまうと本来の役割を果たせなくなってしまいます。

膝がまっすぐ伸びない状態が続いたり、膝関節が変形してしまうと線維化が起こりやすいです。

また、線維化まではなっていないが脂肪体が硬くなっていることもあります。

脂肪体が硬くなる原因

脂肪体が硬くなる原因に多いのは、肥満などの体重過多や急激な体重増加・スポーツにより負担増大・変形による膝関節へのストレス増加などがあります。

脂肪体のセルフチェック

脂肪体が原因で痛みを感じているのかをチェックする方法

①膝のお皿の下あたりが腫れたり、熱を持っていないか左右の膝を比べてみましょう。

②脂肪体を押して痛みや硬さが無いか確認してみましょう。

もし上記のもので当てはまるものがあれば脂肪体が原因で膝が痛くなっているかもしれません。

すぐに専門家にご相談ください。

膝への負担を減らすために

脂肪体が痛みを感じやすく、脂肪体が硬くなってしまう原因や線維化してしまう事が膝にとても悪い影響を及ぼすことを何となくは理解していただけたかと思います。

ここからは膝への負担を減らすことをお伝えしていきます。

体重過多・運動過多をコントロールする事はもちろん大事になります。

それ以外に知っておいていただきたいことがあります。

それは、股関節・足首の使い方で膝への負担は変わる。ということです。

股関節や足首の動かせる範囲が狭くなると、その間にある膝に負担が大きくなりますので、膝自体の動く範囲を確保することとともに股関節と足首の動く範囲も確保していきましょう。

ひだまり接骨院で出来る事

当院では、症状を確認させていただき原因に対してアプローチしていきます。

・ハイボルテージと超音波のコンビネーション施術

・膝への負担を減らすために手技でのアプローチ

・筋トレで筋肉量の増加

など状態に合わせた施術プランを提供させていただきます。

施術希望の方・施術内容が気になる方などお気軽にお問い合わせください。

予約優先制

〒 466-0053 名古屋市昭和区滝子町24-11

※お車でお越しの際は、隣接コインパーキングをご利用ください。

TEL 052-990-9782

公式LINE @223lpwaa

HP http://hidamari-takiko.com/

インスタグラム http://www.instagram.com/hidamarisekkotsuin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA